Hatena::Groupdann

dann's blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

Fork me on GitHub

2011-11-19

PerlプロジェクトでテストカバレッジのCIをする方法

PerlプロジェクトでテストカバレッジのCIをする方法 - dann's blog を含むブックマーク はてなブックマーク - PerlプロジェクトでテストカバレッジのCIをする方法 - dann's blog PerlプロジェクトでテストカバレッジのCIをする方法 - dann's blog のブックマークコメント

前回から大分時間が経ってしまいましたが、今回はPerlのテストカバレッジ結果のサマリをJenkinsにIntegrationする方法について説明します。

f:id:dann:20111119141038j:image

概要

以前、proveのJUnit用のFormatterを使ってテスト結果をJUnit形式のXMLに変換する方法を紹介しましたが(http://dann.g.hatena.ne.jp/dann/20100404/p1)、カバレッジについても、Java用のプラグインの形式にフォーマットを変換して使うことで、Jenkinsに簡単に統合することができます。

Java界隈ではCloverというテストカバレッジ用ツールがあり、Jenkins用にプラグインが用意されています。一方、PerlではDevel::Coverという有名なテストカバレッジ取得用ツールをがあります。要するに、Devel::Coverの出力結果を、Clover用のXMLに変換できればいいわけです。

Devel::CoverにはReport機能が用意されており、それによって出力方法を変更することが可能になっています。これは、proveのformatterの機能と同等のものになります。テスト結果を、proveのJUnit形式のformatterでJenkinsに統合したように、Devel::CoverもReport機能で出力形式をClover形式にあわせることで統合できます。

Jenkinsへの統合方法

既にCPANには、Devel::Cover::Report::CloverというClover用のレポートモジュールが用意されているので、これを使えばよいだけです。

build stepを追加して、以下のようなコマンドを追加します。coverコマンドの後のreportオポションがポイントです。

perl Makefile.PL
cover -delete
HARNESS_PERL_SWITCHES=-MDevel::Cover=+ignore,inc prove -lv t
cover -report clover

これにより、プロジェクトのトップページにテストカバレッジのサマリが表示されるようになります。そして、各ビルドには各ファイル毎のカバレッジ詳細が見えます。

f:id:dann:20111119140852j:image

これに加えて、Devel::CoverのHTMLも出力して詳細を確認できるようにしておくとよいでしょう。カバレッジが極端に低い場合には、サマリだけでなく詳細を確認していきたくなるからです。以前、やり方を紹介してますので、ご興味あれば参考にしてみてください。

http://dann.g.hatena.ne.jp/dann/20100331/p1

テストカバレッジ取得のCIの重要性

品質は、人が作り込むもので、毎日の積み重ねが重要です。それを実現するためには、品質が高まっていることが目に見えるということがモチベーションを高める上で大事になります。従って、CIによりテストカバレッジのサマリがプロジェクトのトップページから簡単にみれるというのは重要なわけです。

高いテストカバレッジになっていることで、リファクタリングの安心度があがり、プロダクトの改善を進めやすくなります。これにより、プロダクト規模が大きくなってきた場合にスピードを維持しながら機能改善・リファクタリングを行っていくことが可能になります。結果として、高いカバレッジが効果として実感できるようになり、よりカバレッジが高まっていくというよいサイクルを生み、結果として品質を高めていきます。

このようにテストカバレッジをCIに組み込むことで、高いカバレッジを維持しながら楽しいリファクタリングライフを送ることが可能になります。皆さんもJenkinsさんのアメリカンな笑顔を見ながら、テストカバレッジを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

Enjoy!

See also